横浜グローバルキャビン中華街に宿泊しました。
目の前は関帝廟!夜の美しさは格別です。

横浜グローバルキャビン中華街


普段はカプセルホテルはあまり利用しないのですが、今回はちょうどいいビジネスホテルが空いていなかったこともあり、興味があったこともあり予約しました。
なかなかいいものです。結果的によく眠れ、快適でした。
》 》 横浜グローバルキャビン中華街の基本情報を見てみる

お部屋のしきりはビロビロのジャバラカーテン。フロアは全体的に暗めで落ち着いています。
当然ですが、女性フロアと男性フロアは別です。扉の前でルームカードをかざすので、別のフロアには入れません。
女性フロアーは最上階。
一階にはハンデキャップのある方のツインキャビンが用意されています。
地下にはファミリーのお部屋も。

横浜グローバルキャビン中華街

カーテンを開けて中へ。鍵はありませんし、ベッドの高さより上は抜けています。

横浜グローバルキャビン中華街

三段のはしごを登ってベッドに上がります。

横浜グローバルキャビン中華街

新しくてきれいなベッド。けっこうゴージャスです。
空調が合わなければ、さらに掛けるものを借りるなど各自の調節は必要になりますね。
どうしても閉じられた空間ですので、冬は若干空気が淀んだ感じはありました。

横浜グローバルキャビン中華街

タオルなど必要なものはバッグに収まっています。

横浜グローバルキャビン中華街

ベッドから部屋を見渡す。狭い空間です。
冷蔵庫はありませんが、保冷剤と保冷バッグを貸してもらうことはできます。

横浜グローバルキャビン中華街

デスクも超狭いがこれはこれで落ち着きます。
わたしはどちらかというと狭いところは好きなほうで...。

横浜グローバルキャビン中華街

服は壁に掛けます。
写真は部屋着。スリッパもあります。

横浜グローバルキャビン中華街


デメリットとしては、やはり鍵のない不安感と宿泊者全員がそれなりに気を使いあって成立する空間だということでしょう。
セキュリティはしっかりしていますが、本気で悪さをしようとする人がいれば不安ですね。
今回、満員近い状態にもかかわらず、みなさん慣れている感じで、とても静か。ときおり聞こえる咳払いひとつにしても周りに気を使っている気配がしました。
もし、こんな中に気の効かない昔でいうKYな人が一人混じるだけで、苦痛の空間になることもありえます。いびきのひどい人が近くにいたり、目覚ましの時計アラームが鳴ったり、いろいろありますよね。


トイレは同階の別の場所に。
きれいです。

横浜グローバルキャビン中華街

シャワールームは5つほど並んでいます。
中は丸い缶状で使いやすい。腰をかけてシャワーを浴びることもできます。

横浜グローバルキャビン中華街

アメニティーやひげそりなども充実。

横浜グローバルキャビン中華街

コインランドリーの部屋もあります。洗濯機は無料サービスでした!

横浜グローバルキャビン中華街

暗い部屋に比べて、スカッと明るい朝食会場。

横浜グローバルキャビン中華街

時間は7時~8時45分まで。

横浜グローバルキャビン中華街

トマトチキンカレーにオニオンスープ。最高です。

横浜グローバルキャビン中華街

横浜グローバルキャビン中華街 駐車場ホテルの駐車場は提携の中華街パーキング。ホテルから歩いて5分ほどの中華街の巨大パーキングです。
一泊1500円になります。
ちゃんと駐車券の処理をしてもらわないと、通常料金で停めると目の玉飛び出ますので注意してください。

※ 2018年11月からはホテルの立体駐車場も利用できるようになったようです。29台分あり、一泊1800円です。
》 》 横浜グローバルキャビン中華街の予約状況を見る

さあ、出発です。朝の公園ではダンスの練習が行われていました。

横浜グローバルキャビン中華街