東京のビジネスホテル ヘッダ画像

タグ「東京」の一覧

ホテル武蔵野の森は甲州街道に面したこぢんまりしたビジネスホテルです。
ホテル武蔵野の森に泊まった
》 》 ホテル武蔵野の森の詳細はこちら(じゃらん)

ホテル武蔵野の森に泊まった

枕元の窓からいい風が入って気持ちいい。
ホテル武蔵野の森に泊まった

テレビに電話に冷蔵庫にポット。部屋に置いてあるものは普通です。
ホテル武蔵野の森に泊まった

ベランダのすぐ向かいはアパート。
ホテル武蔵野の森に泊まった

朝食や夕食のついたプランを選べば、ホテルを出て10歩ほど歩いた「調布アーバンホテル」の中国料理「酔八仙」でいただくことになります。

雨の日ならちょっと濡れます。


夕食のついたプランでなくても、食べたくなれば、ホテル宿泊者の限定メニューが用意されていますので、少しリーズナブルなセットが食べられます。
東京 調布 ホテル武蔵野の森に泊まった
ホイコーローの定食など、よくあるメニューが数種類。900円くらい。
量的にはごく普通ですが、本格的な中華料理のお味で満足でした。

もちろん本格的な中華料理のお店なので、お料理を追加注文していくとけっこうなお値段になります。

この日はちょうど中華料理が食べたい気分だったので、ちょうどよかったです。
最初は飛田給の駅前のバーミヤンに行こうと思ってフロントで尋ねたら、歩いて7分くらいとの返事で、雨だからやめて酔八仙に変更したのです。
正解でしたよ。


朝食も同じ場所で、ビュッフェ形式。
まあ、こちらは普通なかんじです。
和洋中とバランスよく用意されていますが、中華粥がおいしかったです。
そりゃそうですよね。

ロビーではいつでもコーヒーが無料でいただけます。
ホテル武蔵野の森に泊まった
部屋に持って帰ってくつろいで飲みました。
枕元の出窓が大きいのでうれしいです。
東京 調布 ホテル武蔵野の森に泊まった
》 》 ここからホテル武蔵野の森の予約ができます


駐車場駐車場は1日864円。予約したあと、電話で押さえておきましょう。(予約の際にコメント欄に「普通車1台」などと書けば電話しなくてもOK)


(追記)
後日、もう一度ホテル武蔵野の森に泊まりました。
今回は8階。部屋は禁煙ですが、ベランダでは喫煙可となっています。
8階はだいぶん景色が良くて、気持ちが良かったです。
冬なので、ベランダには出ませんでしたが。
それから、酔八仙の朝食が以前より充実していました。
たっぷり薬味をかけた中華粥を中心にしつつ、たくさんのおかずをいただき元気回復です。

東京三鷹で仕事だったので、ラクシオインに泊まりました。
目的地にはだいぶ距離がありますが、いつもじゃらんで検索をかけているときに、よく上位に出てくるラクシオインを選びました。

ラクシオインに泊まった

ラクシオインは東京都心からはだいぶん離れた橋本にあります。
》 》 ラクシオインの予約状況をチェックする

東名高速で行くなら、東京終点へは向かわず、圏央道に乗り換えて北行します。

クルマで行かない方にとっては不便な場所。駅から離れています。(無料送迎バスは出ていますが)

しかし、クルマで行くひとには最高かもしれません!

駐車場まず無料駐車場が広い広い!(写真の右側にもまだまだあります!)

ラクシオインに泊まった

相当いっぱいになっても満車にならなそうなくらい広い敷地が用意されているので、不安がありません。なんと146台分!
もちろん、ホテルの建物と同じ敷地なので、端っこに停めてもフロントまで数十秒です。

建物はまだ新しい感じがします。
フロントのスタッフもホテルマンも親切です。


フロントわきの廊下に枕の棚があって、自分で良さそうな枕を選んで部屋にもっていくことができます。(もちろん最初から部屋に枕はありますが)

ラクシオインに泊まった


お部屋も新しく、壁もきれいで清潔感があります。

ラクシオインに泊まった

デスクはちょっとした書斎のようになっていて、持ち帰り仕事も捗りそう。
チェアもなかなかの座り心地。

ラクシオインに泊まった

明るい窓を開けてみると...、

一面草むらの斜面でした...。

ラクシオインに泊まった

ラクシオインに泊まった


お風呂はユニットバス。ちょっとゆったり広めの空間。
でも、ロテン・ガーデンにカードキーを提示すれば無料で入ることができるので、ここでシャワーを使う人はだいぶん少ないでしょう。

ラクシオインに泊まった

はす向かいに建つスーパー銭湯「天然温泉ロテン・ガーデン」はホテルのルームカードを提示すると無料で入れます。
こちらも本格的なスーパー銭湯で、露天風呂も備えた豪華な施設です。一般なら平日で1,030円かかります。

ラクシオインに泊まった

お湯はぬるっとした黒っぽい温泉。とても温まります。
やっぱり露天風呂は最高です。出たり入ったりしていつまでも楽しんでいたいです!


夕食なしのプランなら、ホテルから3分くらいのところに、ビッグボーイと回転寿司があります。
わたしは今回はビッグボーイでステーキを食べました。

ラクシオインに泊まった


ラクシオインのさらにすごいのはファミリーに優しいこと!
こども添い寝プランがあり、他のホテルだとよくあるのが、未就学児は添い寝で無料などですが、ラクシオインでは小学6年生まで添い寝で宿泊料無料!
目的地が少々遠くてもクルマの家族旅行ならラクシオインに泊まるとめちゃくちゃオトクですね。
こどもは宿泊料無料だけではありません。
翌朝の朝食バイキングも無料です
お父さんお母さんと小学生2人の家族旅行なら、めちゃくちゃ安いです!
(別に料金がかかるとすればロテンガーデンのこどもの料金平日で520円でしょうか。もちろんお部屋のバスを使えばかかりません。)


楽天トラベルでもじゃらんでもクチコミ評価が高いのは、実際コストパフォーマンスが高いから。
わたしは一応ポリシーとしていろいろなホテルに泊まろうと思っているのですが、ここはリピートしています。
中国韓国の団体さんも多いようですが、特に気になることはありませんでした。


15日前なら1泊税込4900円!なんていうカプセルホテルみたいな値段設定もあるので、ぜひ早めに予約したいですね。
遅くにチェックインせずに、お風呂にゆっくり入れる余裕のタイムスケジュールで行くほうが絶対に良いです。
》 》 ここからラクシオインの予約ができます

朝食は無料にしてはなかなか充実したバイキングスタイルです。美味しいパン、スープ、コーヒー、ミルク、ジュース、サラダ、その他いろいろ。
ちょっと混み合う時間もあったようですが、わたしの行った時間は6割くらいの入りで、ゆったりしていました。カレーもおいしかったですよ。

池袋のサンシャインシティプリンスホテルは高層ビルです。

高層のお部屋に泊まれば、夜景はほんとうに綺麗です。
東京 池袋 サンシャインシティプリンスホテルに泊まった

サンシャインシティプリンスホテルのちょっと難しいところは、
巨大なサンシャインシティの中に組み込まれているので、ホテルに入るのに迷います。

ショッピングセンターはそれぞれのお店が派手派手なので、ホテルの入り口の看板も埋もれてしまうのですね。

さて、プリンスホテルだからすべてのお部屋が高い値段かというとそうでもありません。

ちょっと建物自体が古いですし、かなり狭いお部屋も多いです。


今回のお部屋はこちら。
東京 池袋 サンシャインシティプリンスホテルに泊まった

東京 池袋 サンシャインシティプリンスホテルに泊まった


家族で泊まれば、外に出ることなく、雨にうたれることもなく、水族館やプラネタリウム、ナンジャタウンへすいっと行けてたいへん便利です。

ネットでじっくりプランを見ていけば、かなりお安い設定のお部屋が見つかるはずです。
》 》 サンシャインシティプリンスホテルの予約へ


駐車場駐車場は1泊2,000円(24h)。ホテルの駐車場ではなく、サンシャインシティの駐車場なので、フロントで駐車サービス券を買って出庫の際に入れることになります。
いったんこんな値段が表示されるので心臓に悪いです。
東京 池袋 サンシャインシティプリンスホテルに泊まった
でも、2000円に変わります。

サンシャインシティプリンスホテル
東京都豊島区東池袋3-1-5
チェックイン  14:00~
チェックアウト 〜11:00
アクセス(車以外) 地下鉄有楽町線東池袋駅6、7番出口徒歩3分。JR池袋駅東口徒歩8分
アクセス(車) 首都高速5号線~東池袋IC~出口から直結
》 》 こちらからサンシャインシティプリンスホテルの宿泊予約ができます

池袋駅東口から5分ほど歩いたところにあるホテルグランドシティ
池袋 ホテルグランドシティに泊まった
》 》 ホテルグランドシティの予約状況を見てみる

おもてはごちゃごちゃした通りで、裏側は首都高の陰で暗いかんじ。

でもなかなか心地の良いホテルでした。

スタッフも池袋的で、ちょっと距離感の近い親切さをかもし出しています。

建物自体はまあまあ古いです。

今回泊まったシングルのお部屋はこちら。
池袋 ホテルグランドシティに泊まった

狭いですが清潔です。
池袋 ホテルグランドシティに泊まった

アメニティは必要十分なかんじ。
池袋 ホテルグランドシティに泊まった

窓の景色はビュンビュンと車が走るだけの景色。まあ爽快感はありません。
池袋 ホテルグランドシティに泊まった

ホテルグランドシティでとても良かったのはレストラン

夕食のないプランを選んだのですが、ロビーに降りてみるとレストランで990円ディナーの看板が出ていて思わず入ってみると大当たり。

メインのステーキの他にブッフェ形式のお料理がたくさん並んでいて、どれもが味も見た目もまさにホテルらしい上等なもの。
ソースもドレッシングもとてもおいしかったです。
この値段はこのときだけかもしれませんが、得をしました。
池袋 ホテルグランドシティに泊まった
しかもたっぷりグラスワインもついていました!


表をうろうろとしている人たちはきっとレストランを探したり、居酒屋を探していて、ホテルのレストランを利用しようという選択肢がないのかもしれません。
とてもコストパフォーマンスが高いレストランなのにお客さんは6〜7割程度の入りで、ゆったりと何度もおかわりをしに席を立ちました。


駐車場ホテルグランドシティに駐車場はあるのですが、台数に限りがあって、この日は満車でした。
歩いて3分くらいの大きなコインパーキングを案内されました。
1泊2100円でした。

》 》 こちらから池袋ホテルグランドシティの宿泊予約ができます

このページの上部へ